各宗派のお葬式事情

仏式のお葬式についてこれまで紹介しましたが、他の宗派が行うお葬式事情についていくつか紹介します。
キリスト教でのお葬式ですが、臨終直前に親族などが集い、ワインなどを使用して、生前のすべての罪業をに対しての謝罪を祈ります。このように死を迎える前の段階の儀式を大切にしています。お葬式は、教会もしくは自宅で行い、神父による説教と聖書の朗読を行います。その後、献花を行い、祈りをささげてお見送りする流れとなります。仏式での通夜振る舞いの代わりに、葬儀と告別式後に、茶菓子を用意して、参列者同士で故人の思い出を語り合います。近年では多くの方が病院や施設などで亡くなられる場合が多いので、臨終直前の儀式は行いにくい環境にあります。

神式のお葬式では、別名葬場祭と呼ばれています。故人がお家の守護神となるべく、祈るための儀式から名づけられています。お焼香の代わりに、全員が紙垂をつけた玉串を捧げる玉串奉奠を行い、故人をお見送りします。通夜と葬儀後のお食事の振る舞いには、なおらいの義という親族と参列者が神酒と神饌を食することで故人を偲ぶ、一つの行事を行います。

宗派にかかわらず葬儀社のホールで葬儀や告別式を行う主催者も多く、葬儀社でそれぞれの宗派に対応したお葬式プランを揃えています。それぞれの葬儀社で確認することにより、用途に合ったサービスを提供してもらえるでしょう。
近年では、故人を偲ぶ通常の儀式を行うには、一部難しい環境にあることが窺えますが、葬儀社の多くは各宗派に対応できるプランを揃えています。