お葬式当日の流れについて

お通夜を終えた翌日に、葬儀と告別式をしますが、故人を最後にお見送りをするためのお葬式です。場合によっては、その日のうちに初七日、火葬となります。こちらでは、上記の場合のお葬式当日の流れを紹介します。

葬儀、告別式の受付は、開始時間の1時間前に概ね行われます。喪主以外の親族の中から、受付をする方を選びます。受付を済ませた参列者は着席となりますが、親族席とは分けています。お通夜、お葬式に参加できない方から弔電が届くこともありますが、時間の都合上、故人と近しい方のみ式中に紹介します。
葬儀が始まると、僧侶が入場し、読経とお焼香を行います。その後、親族、参列者の順番でお焼香を行います。代表者の喪主が挨拶を述べて葬儀終了となります。

その後告別式となりますが、火葬をする前の故人との最後のお別れです。別れ花の儀式にて、供花を参列者一人一人が故人の周りに飾っていきます。その際に最後の挨拶を兼ねて、言葉かけをされる方もいます。その後、棺を閉めて親族で石打ちを行い、全員でお見送りをします。

式当日に火葬と初七日法要をされる方もいますが、告別式後に行う場合では、参列されるのは親族のみが多いです。参列者は、お香典返しをいただいて解散となります。旧来では、四十九日法要後にお香典返しを郵送などで行う流れですが、近年では葬儀や告別式後に渡す主催者が多いです。
葬儀と告別式は、故人との最後のお別れの儀式です。一人一人が心置きなく、最後のお別れが出来るお葬式となるような準備が必要です。